各種記事

活動レポート一覧

掲載日:2016.12.03

12月1日より都議会第4回定例会が開会しました。


 


市場会計を認定すべきではない! 


今回の議会の争点は、豊洲問題についての決算審議の認定、不認定がひとつのポイントです。

 昨年度の予算について、東京都中央卸売市場は盛り土をするなどの国の基準を上回る対策工事を行うと議案説明を行い、私達の質問に対しても議会で繰り返し答弁してきました。しかし、  この説明は誤ったものであることが明らかになりました。

 私、西沢けいたは都議会公営企業会計決算特別委員となり、この問題について徹底して追及をしました。私の追及によって、虚偽答弁が明らかになっただけでなく、豊洲市場の建設費における工事、5街区、6街区、7街区の工事がそれぞれ1社のみの応札で99パーセントの落札率になっていること、さらにJV(企業体)の構成から、それぞれのゼネコンが受注できるような構成になっている極めて不自然な状況を浮き彫りにしました。こうした状況を検証をするための資料を委員会で要求しましたが、「資料はない」の一点張り。小池都政に代わり、情報公開が進んでいると思われますが、現場はまだまだ不十分です。 こうしたことから、中央卸売市場会計は不認定とすべきと考えます。

 決算の不認定は石原都政の失策であった新銀行東京の追加予算の決算審議の際、当時都議会民主党が第一党の議席があった2009年が直近になります。


 


組織委員会への関与を強めよ! 


 



 2020五輪大会の成功のため、国、組織委員会、東京都が連携しなければなりません。しかし、連日のように組織委員会の森会長と東京都の小池知事とのバトルが報じられます。

「組織委員会は東京都の下部組織ではない」と森会長は発言されますが、組織委員会に対して200名以上の職員を派遣しているのは東京都です。さらに、組織委員会の財政保障は開催都市である東京都がおこなうため、万一組織委員会が赤字となった場合は都民の皆様の税金で穴埋めをしなければなりません。

 “大会後に解散し、責任追及されることのない人たちが、他人のお金を使うような組織”の財政はムダ遣いが必ずおきます。

 東京都の監理団体とするのがなによりもベストだと西沢けいたは考えおり、都議会民進党の主張として議会で発信されています。


 


復活予算と西沢けいたの考え



 小池知事は「復活予算制度」の廃止を決めました。復活予算とは、簡単に申し上げれば東京都予算のうち200億円を議会によって決めさせる制度です。予算編成権は知事にあるわけですが、都議会では長年にわたり議会側にも予算編成に携わる部分がありました。

 この制度のメリットは広く都民の声を予算に反映されることや、ダブルチェックの機能が期待されますが、いまやこの制度は形骸化し、知事与党の要望が反映される色合いが強く、少数会派や野党の要望が聞き入れられることがなく、儀礼化しております。

 「どうせ復活されるなら当初予算から組んでおけばいい」というのが西沢けいたの考えであり、小池知事の考えにこの部分については賛同するものです。


 


公営企業会計決算特別委員会

公営企業会計決算特別委員会



都議会第2回定例会の閉会にあたり

掲載日:2015.06.25

都議会第2回定例会の閉会にあたり


s_DSC_0008


 


 


 


 


※所信表明演説をする舛添要一東京都知事


 


6月24日(水)東京都議会第2回定例会が閉会しました。


今定例会では新国立の建設費の問題や、新銀行東京、オリンピック・パラリンピック競技大会などの議論がありました。

西沢けいたは総務委員会副委員長として、外国人差別問題(ヘイトスピーチ対策)、同性愛などの人権問題に対する都の姿勢をただすと共に、地域の安全対策、危険ドラッグ対策など幅広く質疑を行いました。


 


●新国立競技場の建設費を公開せよ!


日本スポーツ振興センター提供


下村文部科学大臣は、舛添知事に新国立競技場建設費として五百億円を負担するよう求めました。

私は新国立競技場の整備に対して、国から何も説明のない現状において、都が費用を負担すべきでないと考えています。 都議会民主党は、都が正確な建設費や負担する根拠などを国に引き続き求めるとともに、国から得られた情報を都議会のみならず、広く都民に公開するなど、透明度の高い都政運営を行うことを求めました。

知事は都議会民主党の質問に対し、大臣から負担の要請があり、その際、不明であった工期や総工事費、都民が納得する都負担の根拠などの全体像を求めたと答弁しました。また、早期の課題解決を図るため、国からの情報を踏まえ、迅速な決定を行っていくことと、開催都市の責任を果たすため、できる限りの協力を行っていくことを答弁しました。

今回の問題において、知事が“国の責任で整備するべき”という趣旨の所信表明演説の最中に、知事与党会派である都議会自民党席からヤジが飛ぶなど、知事と議会の多数与党会派との衝突ぶりが露呈されました。私は圧倒的多数の与党会派の意向に、正論でぶつかる知事の姿勢は評価すべきと考えております。


 


●新銀行東京を改めて検証せよ!


6月20日、新銀行東京と東京TYフィナンシャルグループ(都民銀行と八千代銀行)とが、経営統合に向けて基本合意を交わしました。都民の税金1000億円を投じて創設された新銀行は、開業わずか3年で1016億円の累積赤字を出し、事実上の破綻。責任が明確にされないまま、400億円が追加出資された経緯があります。

当時、都議会民主党は400億円の追加出資に反対しましたが、今回も基本合意を進める上で、都民の税金がさらに毀損してはならないと主張。舛添知事も「追加出資した400億円を確保することは、今回の経営統合の前提である」との認識を示しました。

また、新銀行の旧経営陣に対する損害賠償請求を東京地裁が棄却したことを受け、新銀行の問題を改めて検証すべきと主張しました。


 


●地域の安全安心/多様な価値観を


安全・安心まちづくり条例の改正案が審議・可決されました。  事業者を地域社会の一員として明確に位置づけるとともに、新たな地域防犯活動の担い手の育成などの規定が設けられました。  条例改正の特徴として、地域力向上に取り組むことがありますが、高齢化や核家族化、少子化による、地域活動の担い手減少は大きな課題です。さらなる取り組みは必要と考えます。

また、「東京都人権施策推進指針」の素案が示されました。新たに同性愛やインターネットによる人権侵害などが加わりました。私はヘイトピーチをはじめとする排外的な価値観をより多様性を認める価値観に転換していくべきと考えます。


 


 


 


 


 


 


 


伊豆大島、神津島へ視察

掲載日:2015.05.20

都議会民主党島しょ振興調査会で先日行った、伊豆大島、神津島への視察の様子を少し報告いたします。

大島は一昨年の土砂災害があり、私もするに現地視察と復興ボランティアのために訪れました。

現在はがれきなどの撤去は進んでいる様子が見れました。もちろんまだまだ痛々しい現場や記憶は残っており、復興はこれからです。今後の災害現場のあり方などについて現地の職員の方々や、実際に活動をしている企業の方、関係団体の方々とも意見交換をしてまいりました。

また、羽田便の存続などをどうするのかといった議論や、神津島では今後の産業の在り方なども含めて話を聞く機会をいただき、東京都の島しょ振興についての議論に役立つ知恵や知識をいただくことができました。

詳しくは都政報告会などでもさせていただきます。


 


IMG_4349


 


 


 


 


2015都議会レポート(公金の株式投資を止めろ!)

掲載日:2015.01.27

都政レポートを作成、東京都中野区内にて配布をはじめました。


今回は昨年12月に私が都議会本会議で登壇し、一般質問した内容を中心に書かせていただきました。


舛添知事になり約1年、ムダを削り福祉分野にお金をまわすべきであるという私の主張に近い感覚を知事は持っていると感じています。


しかし、公金を株式投資することに意欲を示すなど、止めなければならないブレーキも必要な都政運営です。


皆様からのご意見などもぜひおよせいただければ幸いです。


 


s_都政レポート2015表都政レポート2015裏


活動リポートを定期発行しております。

掲載日:2013.06.13

定期的に活動リポートを発行しております。
是非お読みいただき、ご意見をお寄せいただければ幸いです。

都議会リポート2013初夏号




都議会リポート2013特別号



街頭演説会を開催いたしました。

掲載日:2013.06.06

今夕は

細野豪志幹事長

馬淵澄夫幹事長代行

蓮舫幹事長代行

長妻昭幹事長代行

と共に中野駅北口にて街頭演説会を行わせていただきました。

司会は西村まさみ参議院議員に務めていただきました。

沢山の方に立ち止まっていただきありがとうございました!

 


民主党都連青年委員長に就任いたしました。

掲載日:2013.02.14

 1月28日の民主党東京都総支部連合会青年委員会の総会、2月6日の常任幹事会を経て、

第4代青年委員長に就任いたしました。

 

 民主党東京都総支部連合会(以後「都連」)所属の国会議員、都議会議員、区市町村議員のうち、40才までの議員が青年委員会の所属となり、現在76名の議員がおります。

全国の都道府県のなかでも最大の組織と言えます。

 

 私よりも政治経験も議員経験も豊富な先輩青年議員は数多くおり、私が委員長に就任することは大変僭越だと思い、当初はとまどいしかありませんでした。

 

しかし、自民党の小泉進次郎議員は当選1回、政治経験も年齢も私より下ですが、自民党本部の青年局長を務められてます。良し悪しは別としてその活動は多くメディアに取り上げられ、青年議員の役割を大きくアピールしている部分については見習う部分があると思います。

 

民主党への風当たりが厳しい中、逆に自身が汗をかくことで果たせる役割があるのではないかと思い、務めさせていただきたいと思いました。

 

 具体的には青年委員会として4つの局組織を設けて活動をしております。

 

【大学局】

増田裕一杉並区議会議員に局長をしていただきます。

主に民主党大学東京を運営し、新人議員の発掘や、議員同士の勉強会などの企画があります。

 

【遊説局】

石田しんご品川区議会議員に局長をしていただきます。

各種選挙での遊説支援、日程調整など、まさに政治活動の基本があります。

 

【交流局】

中村公太朗世田谷区議会議員に局長をしていただきます。

各種団体や学生との交流を基本とし、ボランティアツアーやイベントなどの企画があります。

 

【広報局】

鈴木けんぽう区議会議員に局長をしていただきます。

3つの局と連携し、その活動をPRする役目があります。

 

4つの局をまとめる幹事長に田中けん都議会議員(大田区選出)にお願いしました。学生時代から政治にかかわった経験は私より遥かに長く、都議会でも隣の席の気心の知れた同僚都議会議員です。

 

そして、初期の青年委員会で民主党大学の立ち上げなどに関わった先輩議員の伊藤ゆう都議会議員(目黒区選出)に委員長代理を受けていただきました。当選2回で、普段から大変頼りになる方です。

他にも多くの青年議員の方々とともに活動をしてまいります。

 

また民主党本部青年委員会委員長の津村啓介衆議院議員(岡山県)も、民主党の青年組織の活動向上に昨年から取り組まれてます。

国会との連携、そして他の地方自治体との連携を視野に、党本部の青年委員会とともに活動に取り組んでいきたいと考えております。


昨日本会議にて質問に立ちました。

掲載日:2012.09.27

    

下記TOKYO MX NEWSでは質問のうち、東京都尖閣諸島寄付金の取扱いについて取り上げられました。

(画像クリックで動画ページに飛びます。)

YouTube Preview Image

また、翌日の朝日新聞では行政改革についての質問など他新聞においても本会議の様子が伝えられました。

12年9月27日 朝日新聞

 

 

12年9月27日 読売新聞

12年9月27日 産経新聞

12年9月27日 東京新聞

 

 


 | 

Twitter

Facebook