各種記事

2017の記事一覧

小池知事への姿勢

掲載日:2017.04.19

地域を回らせていただく中で、小池知事への評価は様々ですが、改革姿勢を評価する方は非常に多くいらっしゃいます。



確かに小池知事の改革は素晴らしいと思います。



8年前に都議会に初当選した直後に私が感じた最初の印象は「国会よりもブラックボックスじゃないか」ということです。



小池知事が知事就任直後に私と同じ感覚を持ったことは少し驚きでした。



「私の中に、所詮は自民党国会議員出身の知事」という穿った見方があったと思います。どうせ都議会自民党といつか手を握るだろう等々・・・・・


その後に、公文書管理や公益通報制度の外部設置、事業に終期を設けるなどの事業評価、都議会自民党との全面戦争など、これまでの知事ではありえないことを次々となし得てます。



知事与党、知事野党という言葉は2元代表制には根本的にはなじまないと思いますが、知事のこうした改革にはYESと言います。ただし、もし今後、私が心配することが現実となった場合はしっかりとNOを突き付けなければなりません。


選挙が終わったあとにコロリと態度が変わる政治家をたくさん見てきました。万万が一そのようなことがあった時に、なんでも賛成、なんでも反対の議会では意味がありません。



 


 


私は離党しません

掲載日:2017.04.18

民進党からの離党者がでている件について、「西沢さんは離党するの?」「けいたくんはどうするの?」と聞かれることがあります。


私は離党するつもりはありません。


会社員を辞め、警察官になることを目指していた私がこの世界に飛び込んだのは12年前になります。


「自民党型の政治は終わらせて、共産党以外の政党で政権交代可能な日本にならなければならない」と強く思い、長妻昭衆議院議員の門を叩いたのを昨日のことのように覚えてます。


その気持ちは今も変わりません。


東京都議会議員選挙に立候補する決断をしたのは政権交代前です。「東京から日本を変える」というありきたりなコピーが、「本当に変えられるかもしれない」、わくわくしました。


民主党政権の誕生に多くの国民が期待したように、私も熱をおびて期待したひとりでした。


その後の民主党政権への評価や今の民進党の支持率から見てもまだまだ完全に政権交代可能な日本にはなってません。


そういった意味から国政ではやはり今こそ民進党が頑張らなければならないと思っています。

 


都議会でも同様で、民進党の議席を維持させなければならないと強く感じています。


私は離党するつもりはありません。


 


  4月9日(日)14時~ 都政報告会を開催いたします。

掲載日:2017.03.29

4月9日(日)午後2時から「なかのZERO」にて都政報告会を開催いたします。


都議会第一回定例会の内容を豊洲移転問題を中心に報告いたします。


 


そもそも豊洲移転問題とは?


百条委員会の成果はなんだったのか?


質疑の時間も沢山とります。


どなたでもお気軽にご参加ください。


 


なかのZERO


中野区中野2-9-7(03-5340-5000)


http://nicesacademia.jp/facility/zero.html


案内PDF

20170409_報告会_なかのZERO


 


前回の様子


 


 


 


行政改革に言及。小池知事による施政方針演説にて

掲載日:2017.02.22

東京都議会第一回定例会が開会され、小池百合子知事の施政方針演説がありました。


これまで西沢けいたが求めてきた行政改革において、平成18年以降に行政改革ビジョンが示されていないことや、理解不能な天下り根絶を訴えてきました。


今回の演説の中でこの二つについて手をつける発言がありました。これは大きなことで、石原都政、猪瀬都政、舛添都政と3人の知事による都政では一向に進まなかった改革です。


また、全会派一致で議員報酬の削減案や豊洲移転問題に絡むいわゆる100条委員会が設置されました。



明日から東京都議会第一回定例会が開催されます。

掲載日:2017.02.21

明日から東京都議会定例会が開催されます。


毎年この時期に行われる都議会定例会は予算を審議する重要な定例会となります。

今年は小池百合子知事が就任してからはじめて編成された予算ということに加えて、豊洲市場移転問題に関する100条委員会の設置など、都議会議員選挙を目前に重要な局面を迎えています。


センセーショナルな部分が注目されてますが、私は来年度予算の中で子育てなどの支援が十分なのか、保育士さんへの補助は妥当か、防災面はどうなるのかという部分にも注目して臨みたいとおもっております。


 


都政報告会のご案内

掲載日:2017.02.06

2月12日(日)15時~

中野区産業振興センター(中野区中野2-13-14 中野駅南口徒歩5分)にて都政報告会を開催いたします。


http://nakano-sangyoushinkou.jp/


 


小池知事はじめてとなる平成29年度予算案が今月からはじまる都議会で審議されます。


オリンピック、豊洲問題はもちろん、防災や少子高齢化など、小池カラーがちりばめられた平成29年度予算はどのようなものか西沢けいたが解説します。


また、千代田区長選挙では小池知事が推す現職が圧勝しました。都議会のドンとの代理選挙とも言われた千代田区長選挙をはじめ、都議会議員選挙を見据えた動きなど、西沢けいたからの視点で解説、ご報告いたします。


どなたでもお越しいただけます。


 


nakanosangyou


 


 


 


 


 


 


 


2017年 年頭所感

掲載日:2017.01.01

平成29年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
考えてみますと「激動の年だった」、と振り返ることが多いのですが、昨年こそ最も激動の年だったと感じております。

年明けから合併が議論となり、3月には民主党から民進党へ。様々なご意見を沢山いただきました。5月には私事ながら第一子となる長女を授かることができました。喜びも束の間で、翌日には「舛添知事公私混同問題調査チーム」を設置、私は座長として徹底追及を行う立場となりました。6月の参議院議員選挙をはさみ、舛添知事辞任に伴う都知事選挙、8月には小池知事が誕生しました。それ以降、豊洲問題、五輪コスト問題をはじめ、議論は連日活発になり、これまでにないほど都議会は注目されることとなりました。私も新聞や雑誌、テレビ、ラジオなど多数のメディアに露出する機会をいただきました。

これまで縁のなかった多くの方に都議会の活動を見ていただけたことは大変嬉しく感じておりますが、注目度が高くなることが必ずしも都民の利益になるとは限りません。地域の都民の声を集約し、代弁して議論し、議決に加わるのが都議会議員の仕事です。改めて恥ずかしくない議論、活動をしていかなければならないと身が引き締まるおもいです。

あわせて本年は、地域の皆様の声を兎にも角にも広くお聞きしたいと考えております。特に耳の痛い声こそ、自身の成長につながるとともに、活発な議会での議論につながります。何卒よろしくお願い申し上げます。


 | 

Twitter

Facebook